Boyfriend/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
If I was your boyfriend, I’d never let you go
僕が君のボーイフレンドだったら、絶対に君を離したりしない
I could take you places you ain’t never been before
君が行ったこともない場所にたくさん連れて行ってあげるんだ
Baby, take chance, or you’ll never ever know
ベイビー、このチャンスに乗っからないと、一生わからないよ
I got money in my hands that I’d really like to blow
お金なら握ってるんだ、使い果たしたいお金をね
Swag swag swag, on you
君に使いたいんだよ
Chillin’ by the fire while eating fondue
フォンデュを食べながら暖炉の前でくつろごう
I dunno about me, but I know about you
自分のことはわからないけれど、君のことなら確かだ
say hello to falsetto in three, two, swag
ファルセットに挨拶して、3、2、最高だ

具体的に、自分が恋人だったなら彼女とどんなロマンチックな時間を過ごすかを思い描き伝えているような歌詞です。ファルセットとは男性の裏声での歌声のことで、ジャスティンの幅広い歌声を象徴しているようです。

[Pre-Chorus]
I’d like to be you want
君が望む全てになろう
Hey , let me talk to you
ねえ、話をさせてよ

[Chorus]
If I was your boyfriend, I’d never let you go
僕が君のボーイフレンドだったら、絶対に君を離したりしない
Keep you on my arm, , you’d never be alone
腕の中に抱きしめ続けるよ、ひとりになんてさせない
And I can be gentleman, anything you want
ジェントルマンにだってなれるさ
君がそう望むならね
If I was your boyfriend, I’d never let you go, I’d never let you go
僕が君のボーイフレンドだったら、絶対に君を離したりしない、絶対に君を離したりしない

多様な顔を併せ持つジャスティンらしく、彼女の望む自分になろうと歌っています。

[Verse 2]
Tell me what you like, yeah, tell me what you don’t
好きなことも嫌いなことも、僕に教えて欲しいんだ
I could be your Buzz Lightyear, fly across the globe
君のバズライトイヤーにだってなれるさ、地球を飛び回るんだ
I don’t never wanna fight, yeah, you already know
喧嘩はしたくないな、もう知ってるよね
I‘ma make you shine bright, like you’re laying in the snow, burr
僕が君を輝かせるよ、雪の中に横たわってるみたいにね
Girlfriend, girlfriend, you could be my girlfriend
僕のガールフレンドに、ガールフレンドになるのもいいだろ
You could be my girlfriend until the-the-the world ends
ガールフレンドになるのもいいだろ、世界の終わりが来るまで
Make you dance, do spin, and twirl, and
踊って、スピンして、爪先でまわりたいような気分にさせるよ
Voice goin’ crazy on this hook, like whirl wind
ここは吹き盛る風みたいな声で歌うんだ
Swaggy
最高だろう

バズライトイヤーにもなれる、というのはトイ・ストーリーへの言及です。 バレエの動きを連想させるような歌詞です。

[Pre-Chorus]
I’d like to be you want
君が望む全てになろう
Hey , let me talk to you
ねえ、話をさせてよ

[Chorus]
If I was your boyfriend, I’d never let you go
僕が君のボーイフレンドだったら、絶対に君を離したりしない
Keep you on my arm, , you’d never be alone
腕の中に抱きしめ続けるよ、ひとりになんてさせない
And I can be gentleman, anything you want
ジェントルマンにだってなれるさ
君がそう望むならね
If I was your boyfriend, I’d never let you go, I’d never let you go
僕が君のボーイフレンドだったら、絶対に君を離したりしない、絶対に君を離したりしない

[Bridge]
give me chance, ‘cause you’re all I need,
だからチャンスをくれないか、君がいれば他には何もいらないんだ
Spend week with your boy, I’ll be calling you my girlfriend
1週間一緒に過ごした頃には、君をガールフレンドって呼んでるだろう
If I was your man (If I was your man), I’d never leave you,
僕が君の男だったら(僕が君の男だったら)、絶対に君を離したりしない
I just wanna love and treat you right
ただ君を愛して大切にしたいんだ

真剣に、また彼女に拒否されることを恐れず果敢に、愛を伝えています。見た目だけでなく全てを愛し大事にする覚悟を綴っているようです。

[Chorus]
If I was your boyfriend, I’d never let you go (Oh yeah)
僕が君のボーイフレンドだったら、絶対に君を離したりしない
Keep you on my arm, , you’d never be alone (Never be alone)
腕の中に抱きしめ続けるよ、ひとりになんてさせない
And I could be gentleman ( gentleman, ooh), anything you want
ジェントルマンにだってなれるさ
君がそう望むならね
If I was your boyfriend (Boyfriend), I’d never let you go
僕が君のボーイフレンドだったら、絶対に君を離したりしない
I’d never let you go (If I was your boyfriend)
絶対に君を離したりしない(僕が君のボーイフレンドだったら)

[Outro]
(Uh) Na-na-na (Yeah), na-na-na, (Uh) na na na, yeah,
(Uh) Na-na-na (Yeah), na-na-na, (Uh) na na na, yeah,
(Uh) Na-na-na (Yeah), na-na-na, yeah, if I was your boyfriend
(Uh) Na-na-na (Yeah), na-na-na, yeah, 僕が君のボーイフレンドだったら
(Uh) Na-na-na (Yeah), na-na-na, (Uh) na na na, hey
(Uh) Na-na-na (Yeah), na-na-na, (Uh) na na na, hey
(Uh) Na-na-na (Yeah), na-na-na, hey, if I was your boyfriend
(Uh) Na-na-na (Yeah), na-na-na, hey, 僕が君のボーイフレンドだったら

曲名Boyfriend
(ボーイフレンド)
アーティスト名
(ジャスティン・ビーバー)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)