Out Of / 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
Where’s the love song to set free?
僕たちを解放してくれるラブソングは何処にいってしまったんだろう?
Too many people down
多くの人が弱り切って
turning the wrong way ‘round
何もかもが狂ってるよ
And I don’t know what love would be
愛が何なのかは僕には分からないけれど
But if stop dreaming now
今、僕たちが夢見るのを止めてしまったら
Lord knows we’d never clear the clouds
どんよりした雲は晴れないって神様は知ってるんだ

[Chorus]
And you’ve been busy lately
それと君は最近忙しいね
That you haven’t found the
To open up your mind
心を開く時間もないんだろ
And watch the world spinning
世界は目まぐるしく回り続けて
Gently out of
時間がそっと失われる

[Verse 2]
Feel the sunshine on your face
太陽の光を顔に浴びてるつもりでも
It’s in a computer now
実際はコンピューターの中の光
Gone to the future way out in space
宇宙の彼方にある未来へ消えていく

[Chorus]
And you’ve been busy lately
それと君は最近忙しいね
That you haven’t found the
To open up your mind
心を開く時間もないんだろ
And watch the world spinning
世界は目まぐるしく回り続けて
Gently out of
時間がそっと失われる

[Chorus]
And you’ve been busy lately
それと君は最近忙しいね
That you haven’t found the
To open up your mind
心を開く時間もないんだろ
And watch the world spinning
世界は目まぐるしく回り続けて
Gently out of
時間がそっと失われる
Tell me I’m not dreaming
僕は夢見てなんかいないって僕自身に教えてあげてよ
But are out of time?
それでも僕たちの時間は失われていくよね?

[Outro]
We’re out of
僕たちの時間が失われていく
Out of
時間が失われていく
Out of
時間が失われていく
Out of
時間が失われていく
Out of
時間が失われていく

曲名Out Of
(アウト・オブ・タイム)
アーティスト名
(ブラー)
収録アルバム
リリース日2003年 (シングル)
(アルバム)

Out Of / 解説

「Out Of 」はイギリスのロックバンド、ブラーが2003年に発表したシングルです。ポリティカルソングですが、メロディ、民族音楽的なサウンド、歌詞とすべてが洗練されてます。10年前「パークライフ!!」とコミカルに歌ってたバンドとは思えません。

ギターのグレアム・コクソンが脱退しても、こんな美しい曲が作れるデーモン・アルバーンは天才です。この時期は別プロジェクトのゴリラズの大成功もありました。ブリットポップの主人公が2000年代でさらに活躍するって凄いです。

デーモンの覚醒に関しては、90年代に凌ぎを削ったオアシスの『モーニング・グローリー』の大成功をまざまざと見せつけられたのが大きいと思います。逆境、屈辱、悔しさ、敗北感が原動力になってるのではないでしょうか。