Peaches/ 歌詞和訳と意味

[Chorus: ]
ピーチはジョージアで調達(当たり前さ)
マリファナはカリフォルニア産がいい(これが一番だ)
彼女を北へ連れて行ったよ(悪い女さ)
光はその源から得ないとな(そうだ)

ジョージアはアメリカでも有数の桃の産地として知られています。カリフォルニアは大麻の群生とマリファナの使用が合法であることで有名です。 「北」「光」といった表現は、妻ヘイリーをカナダに連れ帰りオーロラを見たと言うジャスティンの経験談と推測されます。

[Verse 1: ]
君を見ている (Ohh)
呼吸するように君を取り入れる (取り入れる)
君の肌の質感
思わず腕を回して抱き寄せたくなるよ、ベイビー
絶対に離さないよ
そして言うんだ
君が触れるその感触にかなうものは無いんだ
まるで天にも昇る思いだ
ずっと君のそばにいるよ、終わりの時が訪れるまで

ジャスティンの過去の楽曲”Holy”と共通するものを感じます。“Stuck with U” “Forever”などの楽曲でも、妻ヘイリーへの変わることのない愛、彼女とずっと一緒にいたい気持ちを歌っています。

[Chorus: ]
ピーチはジョージアで調達(当たり前さ)
マリファナはカリフォルニア産がいい(これが一番だ)
彼女を北へ連れて行ったよ(悪い女さ)
光はその源から得ないとな(そうだ)

[Verse 2: Daniel Caesar]
まだ確信が持てていないみたいだけれど
僕は君にぴったりの男だ
望むもの、願うもの全てだ
夜だけでも恋しくなる
日々はお土産のようにとっておこう
時間が足りないよ、もっと時間を作りたい
そして人生丸ごと君に捧げたい
彼女を置いてマヨルカへ
離れるのは嫌だった、まるで苦行さ
抱きしめられない時は思い出す
彼女の荷物はリモワのケース

[Chorus: ]
ピーチはジョージアで調達(当たり前さ)
マリファナはカリフォルニア産がいい(これが一番だ)
彼女を北へ連れて行ったよ(悪い女さ)
光はその源から得ないとな(そうだ)

[Verse 3: GIVĒON]
感じるんだ、確信してるんだ(確信してるんだ)
手をとって、僕は君のものだから
取り繕ったり無視したりなんてできないんだ、君は僕にぴったりの人だ
行ってきた場所なんて知りたくないと思うんだ
よそ見はもう飽きたから
大事な存在はこの腕の中に (Oh)
君のキスは僕とだからこそ甘い
ずっと君のそばにいるよ、終わりの時が訪れるまで

[Chorus: ]
ピーチはジョージアで調達(当たり前さ)
マリファナはカリフォルニア産がいい(これが一番だ)
彼女を北へ連れて行ったよ(悪い女さ)
光はその源から得ないとな(そうだ)
ピーチはジョージアで調達(当たり前さ)
マリファナはカリフォルニア産がいい(これが一番だ)
彼女を北へ連れて行ったよ(悪い女さ)
(光はその源から得ないとな、そうさ、そうだ)
ピーチはジョージアで調達(当たり前さ)
マリファナはカリフォルニア産がいい(これが一番だ)
彼女を北へ連れて行ったよ(悪い女さ)
光はその源から得ないとな(そうだ)
ピーチはジョージアで調達(当たり前さ)
マリファナはカリフォルニア産がいい(これが一番だ)
彼女を北へ連れて行ったよ(悪い女さ)
光はその源から得ないとな(そうだ)

曲名Peaches
(ピーチズ)
アーティスト名
(ジャスティン・ビーバー)
収録アルバム
リリース日