The Christmas Song (Chestnuts Roasting on An Open Fire)/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1: ]
栗が直火でローストされて
ジャック・フロストが君の鼻先に噛みつく
聖歌隊が歌うクリスマスキャロル
みんなエスキモーみたいに着膨れてる
みんな知ってるんだ、七面鳥とヤドリギは
この季節を明るく輝かせるんだって
目を輝かせてるチビたちは
今夜は眠れないだろうな

ジャック・フロストとは、霜や雪、寒さを象徴する存在で、秋には筆で木々の葉を色づかせ、冬には窓を霜で白くし、人々の鼻や指を悴ませます。

[Pre-Chorus: Usher & ]
みんなサンタが来るのを知ってる
たくさんのおもちゃや素敵なものをソリにいっぱいに載せてね
どんな子供もこっそり覗き見てるんだ
トナカイが本当に空を飛べるのか確かめたくて

[Chorus: Usher & ]
だから、僕からはこのシンプルな言葉を贈ろう
1歳の赤ん坊から92歳の老人にまで
何度も、いろんな形で、言われてきた言葉だけど
君にメリークリスマス
そうさ、僕からはこのシンプルな言葉を贈ろう
1歳の赤ん坊から92歳の老人にまで
何度も、いろんな形で、言われてきた言葉だけど
君にメリークリスマス、メリークリスマス
メリークリスマス
メリークリスマス

曲名The Christmas Song (Chestnuts Roasting on An Open Fire)
(ザ・クリスマス・ソング)
アーティスト名
(ジャスティン・ビーバー)
収録アルバム
リリース日11月1日