All / 歌詞和訳と意味

[Verse 1]
これじゃなけりゃ、今度はまた違う何かだって
煽動者たちはまるでプロパンガスに火をつけたみたいな勢いだ
でも彼女たちの心配は間違ってる
分かるだろ、女はおしゃべり好きなんだ

セレーナとジャスティンの関係はしばしばセレーナの女友達たちに批判されており、彼女たちが関わるとプロパンガスに火をつけ燃え上がるように歯止めがきかず大惨事になるとジャスティンは歌っているようです。

[Pre-Chorus]
君みたいになりたくて、君みたいに話したくて
君みたいに、君みたいに
惨めな気持ちは仲間を呼ぶものだ
彼女たちに惑わされて気持ちを変えないで

セレーナの友人たちは、彼女の恋を邪魔しようとジャスティンの悪口を言っているというジャスティン。友人たちが嫌っているからと言って、セレーナまで自分を嫌いにならないで欲しいと歌っています。

[Chorus]
彼女たちは僕を攻撃しようとするんだ(攻撃しようとするんだ)
君の知らないところで(君の、君の、君の知らないところで)
彼女たちは僕に伝えようとするんだ、僕は他の男たちと変わりないって
でも僕も悪いところばかりじゃない
悪いところばかりじゃない、悪いところばかりじゃない
悪いところばかりじゃない、悪いところばかりじゃない
君を怒らせるときもあるかもしれない、それは悪いと思ってるよ
でも僕も悪いところばかりじゃない

セレーナのジャスティンとの交際に渋い顔をする女友達たちに対し、「友達の都合で自分の気持ちを決めないで」とセレーナを説得しようとしているようです。

[Verse 2]
彼女たちは僕たちの仲を引き裂こうとしているみたいだ
君の1番の敵だからこそ、仲良くなろうとしてくるんだよ
僕が完璧だなんてそんなことは言ってない
でも証明してきたはずだ、僕は気にかけてるんだって

良い顔をしながら自分たちを引き裂こうとするセレーナの女友達を彼女の敵だと非難しています。彼女のことを気にかけ大事にしていることを証明してきたと主張しているようです。

[Pre-Chorus]
どんなものにもなりたいんだ
君のためにどんなものにでも
妬みは嫉妬と同じだよ
君に嫉妬してるんだ
それが彼女たちのしてることだよ

セレーナの女友達たちが彼らの交際に反対するのは、同様の恋愛ができないことでセレーナに嫉妬心を抱いているからであると指摘しています。

[Chorus]
彼女たちは僕を攻撃しようとするんだ、攻撃しようとするんだ
君の知らないところで、君の、君の、君の知らないところで
彼女たちは僕に伝えようとするんだ、僕は他の男たちと変わりないって
でも僕も悪いところばかりじゃない
悪いところばかりじゃない、悪いところばかりじゃない
悪いところばかりじゃない、悪いところばかりじゃない
君を怒らせるときもあるかもしれない、それは悪いと思ってるよ
でも僕も悪いところばかりじゃない

曲名All
(オール・バッド)
アーティスト名
(ジャスティン・ビーバー)
収録アルバム
リリース日