Eat The Rich/ 歌詞和訳と意味

[Intro]
Wake up kids
目を覚ませ、子供たち
It’s half past the youth
もう青春の半分が過ぎた
Ain’t nothing really changing but the date
日付が変わっただけで他は何にも変わっちゃいない
You a grand slammer
君は満塁ホームランを打った
But you’re no Babe Ruth
でも君はベーブルースではない
You got to learn how to relate
うまく折り合いをつける方法を学ばなきゃな
Or you’ll be swinging from the pearly gate
それとも天国のゲートを行き来するかい
Now you got all the answers
でも君は答えを分かってるようだ
Lo and behold
やるじゃないか
You got the right key, baby
君は正しい鍵をゲットしたんだ
But the wrong key hole, yo
でも鍵穴が違うぜ

swing from: つるす、ぶらさがる、行き来する

[Verse 1]
Well, I woke up this morning on the wrong side of the bed
俺は朝から機嫌が悪い
And how I got to thinkin’ about all those things you said
俺は君が言ったことについて考えてた
About ordinary people
一般人についてもね
And how they make you sick
あとは彼らが君にどう迷惑をかけるとか
And if callin’ names kicks back on you
もし悪態が君にトラブルを引き起こすなら
Then I hope this does the trick
俺はただの悪ふざけであることを願うよ

get up on the wrong side of the bed:朝からずっと機嫌が悪い
callin’ name:悪口を言う

[Pre-Chorus 1]
‘Cause I’m sick of your complainin’
だって君の不平不満にはうんざりしてるんだ
About how many bills
何枚請求書が来たとか
And I’m sick of all your bitchin’ ‘bout your poodles and your pills
プードルや薬の話もうんざり
And I just can’t see no humor about your way of life
君の生き方にはユーモアが感じられない
And I think I can do more for you with this here fork and knife!
ここにあるフォークとナイフでもっとやれることがあるだろ

[Chorus]
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
There’s only one thing they’re very good for
奴らにとって唯一の素晴らしいことだ
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
I take one bite now, come back for more
一口食べたらもっと食べたくなるぜ
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
I gotta get this off my chest
ぶっちゃけな
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
I take one bite now, spit out the rest, uh huh!
一口食べたら残りは吐き出せ

Get something off my chest:打ち明けたいことがある、胸のつかえをおろす

[Verse 2]
I called up my head shrinker,
精神科医を呼んで
And I told him what I’d done
俺がやったことを話したんだ
He said “You’d best go on a diet,
そしたら彼は “ダイエットしなさい” だってよ
yeah I hope you have some fun
あんたがそれで楽しんでくれたならいいよ
And-a don’t go burst a bubble on the rich folks who get rude
でも無礼な金持ちの幻想は壊しちゃダメだろ
‘Cause you won’t get in no trouble when you eats that kinda food”
だってあんたがある種のフードを食べる時に面倒を起こさない訳がないんだから

[Pre-Chorus 2]
Now they’re smokin’ up the junk bonds
奴らは不良債権でバンバン儲けて
And then they go get stiff
堅気になっていく
And they’re dancin’ in the yacht club with Muff and Uncle Biff
金持ち老人とヨットクラブでダンスをする
But there’s one good thing that happens when you toss your pearls to swine
でも豚に真珠を投げるならひとつだけ良いことがある
Their attitudes may taste like shit,
奴らの態度はクソ不味いけど
But go real good with wine!
ワインにはよく合うぜ

Muff、Biff:金持ちをバカにする言葉

[Chorus]
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
There’s only one thing they’re good for
奴らにとって唯一の素晴らしいことだ
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
I take one bite now, come back for more
一口食べたらもっと食べたくなるぜ
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
I gotta get this off my chest
ぶっちゃけな
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
I take one bite now, spit out the rest, uh!
一口食べたら残りは吐き出せ

[Pre-Chorus 3]
in all the good things that money just can’t buy
金じゃ買えないものを信じるんだ
Then you won’t get no belly ache from eatin’ humble pie
そしたらハンブルパイを食べても腹痛は起きないぞ
I in rags to riches
俺は無一文からの成功を信じるね
Your inheritance won’t last
君の栄光だって長くは続かないよ
take your Grey Poupon my friend
だからセレブのマスタードを
And shove it up your ass!
君のケツに突っ込んでおけ

eat humble pie:ハンブルパイを食べる→屈辱を味わう
rags to riches:無一文から金持ちになる
Grey Poupon:グレイ・プーポン。マスタードの名称。

[Chorus]
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
There’s only one thing they’re good for
奴らにとって唯一の素晴らしいことだ
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
I take one bite now, come back for more
一口食べたらもっと食べたくなるぜ
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
I gotta get this off my chest
ぶっちゃけな
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
I take one bite now, spit out the rest!
一口食べたら残りは吐き出せ

Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
There’s only one thing they’re good for
奴らにとって唯一の素晴らしいことだ
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
I take one bite now, come back for more
一口食べたらもっと食べたくなるぜ
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
Don’t stop me now
止めるなよ
I’m going crazy
今の俺はクレイジーなんだ
Eat the rich
金持ちを食い尽くせ
That’s my idea of a good baby
それが俺にとって楽しい時間だ

曲名Eat The Rich
(イート・ザ・リッチ)
アーティスト名
(エアロスミス)
収録アルバム
リリース日 (シングル)
(アルバム)

Eat The Rich/ 解説

「Eat The Rich」はボストン(アメリカ)のロックバンド、エアロスミスが1993年に発表した楽曲です。「Eat The Rich」がオープニングチューンを飾るアルバム『』はバンド初の全米1位を獲得してます。

このアルバムは外部ライターとの共作が多いのが特徴です。ヒットチャートを賑わすバンドは作曲を外部のライターに頼る傾向があります。複雑な気もしますが、分業制を取らないと今のエンタメ界では生き残れないのかもしれません。それでも70年代に活躍したバンドが昔の曲に頼らずに80年代から90年代を生き抜いてきたことは奇跡です。

歌詞は金持ちになったエアロスミスが「金持ちを食い尽くせ」つまり初心を忘れるなです。説得力はサウンドのかっこよさですね。ドラマティックなアレンジでギターソロも素晴らしいです。