A Hard Day’s Night/ 歌詞和訳と意味

[Verse 1: John Lennon]
It’s been a hard day’s night
ハード・デイズ・ナイト
And I’ve been working like a dog
犬のように働いた
It’s been a hard day’s night
ハード・デイズ・ナイト
I should be sleeping like a log
丸太のように眠るんだ

But when I get home to you
でも家に帰れば君がいる
I find the things that you do
君の仕草を見る
Will make me feel alright
僕はもう大丈夫さ

a hard day’s night:忙しい日の夜では奇妙なのでそのままのタイトルです。ニュアンスは伝わるし響きもいいです。

[Verse 2: John Lennon]
You know I work all day
僕が一日中働くのは
To get you money to buy you things
君に色んな物を買ってあげるため
And it’s worth it just to hear you say
You’re gonna give me
“何でもしてあげる” の響きだけで強くなれる

why on earth should I moan
不満なんてないよ
‘Cause when I get you alone
君さえいてくれれば
You know I feel okay
僕はもう大丈夫さ

[Bridge: Paul McCartney]
When I’m home, seems to be right
家に帰れば、何もかもうまくいく
When I’m home feeling you holding me tight
家に帰れば、君が僕を強く抱きしめてくれる
Tight, yeah!
強く

[Verse 1: John Lennon]
It’s been a hard day’s night
ハード・デイズ・ナイト
And I’ve been working like a dog
犬のように働いた
It’s been a hard day’s night
ハード・デイズ・ナイト
I should be sleeping like a log
丸太のように眠るんだ

But when I get home to you
でも家に帰れば君がいる
I find the things that you do
君の仕草を見る
Will make me feel alright
僕はもう大丈夫さ
Ah!

[Verse 3: John Lennon]
why on earth should I moan
不満なんてないよ
‘Cause when I get you alone
君さえいてくれれば
You know I feel okay
僕はもう大丈夫さ

[Bridge: Paul McCartney]
When I’m home seems to be right
家に帰れば、何もかもうまくいく
When I’m home feeling you holding me tight
家に帰れば、君が僕を強く抱きしめてくれる
Tight, yeah!
強く

[Verse 1: John Lennon]
It’s been a hard day’s night
ハード・デイズ・ナイト
And I’ve been working like a dog
犬のように働いた
It’s been a hard day’s night
ハード・デイズ・ナイト
I should be sleeping like a log
丸太のように眠るんだ

But when I get home to you
でも家に帰れば君がいる
I find the things that you do
君の仕草を見る
Will make me feel alright
僕はもう大丈夫さ

[Outro Repeat 2: John Lennon]
You know I feel alright
僕はもう大丈夫さ

曲名A Hard Day’s Night
(ア・ハード・デイズ・ナイト)
アーティスト名
(ザ・ビートルズ)
収録アルバムA Hard Day’s Night
リリース日1964年 (シングル)
1964年 (アルバム)

A Hard Day’s Night/ 解説

「A Hard Day’s Night」はリバプール(イギリス)のロックバンド、ビートルズが1964年に発表した楽曲です。ジョン・レノンの作品です。

この曲を収録した同名のアルバムの邦題は『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』でしたが、2009年のリマスター盤から『ハード・デイズ・ナイト』に改められました。

曲のタイトルはリンゴ・スターの一言から生まれました。一日中忙しかったので「It was a hard day (なんて忙しい日なんだ)」と言い、昼ではなく夜だったので「It was a hard day’s Night (なんて忙しい日の夜なんだ)」と言い改めたようです。

少し文法から外れてるけど詩的な言い回しなので、ポールからは魔術と呼ばれました。響きが素敵ですね。